2018年4月 9日 (月)

CD『生きものの音』が発売10周年を迎えます。

Ikimonocd

ササマユウコがサウンドプロデュース(BEN-TEN Records名義)と即興演奏を担当したCD『生きものの音』が発売10周年を迎えます。それを記念してFacebook記念ページが立ち上がり、収録曲や制作アーカイブ等も初めて公開しています。

 2007年の録音は調布・森のテラスにて2日間にわたりました。当日の森のサウンドスケープ(鳥の鳴き声、どんぐりの落ちる音など)も、ジャンルを越えた演奏者(真砂秀朗、等々力政彦、ササマユウコ)の即興演奏とともに収められています(録音:石橋守)。
 ジャケットはラオスの手仕事をかたちにした貴重なモノです(石井寿枝 イラスト制作)。10年前には可能だった丁寧な手仕事が詰まっています。
 
 このアルバムは民族音楽に分類されることもありますが、音楽の洋の東西、録音場のウチとソトの「境界」に生まれたサウンドスケープの記録だと思っています。発売当時はピーター・バラカンさんの30分番組でも特集が組まれ、真砂さんとともに演奏者としてササマユウコがラジオ出演しています。現在も若い世代に聴き継がれているのは嬉しい限りです。

 これから制作当時の思い出や音源を徐々にアップしていきます(ikimonono-otoで検索してみてください)。現在、収録曲で古いトゥバ民謡とピアノのセッション『翼があれば Wings learn to fly」がアップされています。演奏者であると同時にサウンドプロデュース担当としての言葉を、この機会に少しづつ残していきたいと思います。

◎CDの在庫は僅かとなっているようです。全10曲。興味のある方はこちらに お問合せください。

|

2018年4月 2日 (月)

ホームページをリニューアルしました

Img_20180218_102925_307

最近はほぼFacebookで情報発信しているため、なかなか手がつけられなかった個人サイトですが、以下のふたつをリニューアルしました。
 旧サイトでご紹介している2000年代の作品は、非アカデミックなアプローチで洋の東西の境界に生まれる音楽を探っていました。現在の自分の音楽からは遠い質感ではありますが、録音作品はありがたいことに2007年から現在もN.Y.のThe Orchard社より世界各国で細々と聴かれています。(南はペルーから、北は北欧まで)。
 20年近く前の初作品『青い花』(ピアノ・音楽ササマユウコ、尺八・坂田梁山)から始まって、すべての作品が現在も日本を始め、世界のどこかで聴かれているということは、作った本人にも正直驚きです。なぜならこれらの作品は、当時の音楽がデジタル機器のめざましい発達によって、どんどん複雑化し、作り手の身体感覚から離れていってしまうことへのアンチテーゼでもあったからです。「シンプルに」と「無修正の生演奏、アナログ録音」を貫いたことの未来からの答えだとも思っています。そしてやはり、アーティストは「インディペンデント」であるべきだという考えは今も変わっていません。

 2011年の東日本大震災・原発事故以降は、自分の無知に対する「怒り」から始まりました。「音楽とは何か?何が音楽か?」という世界との関わり直しから、カナダの作曲家M.シェーファーにもっとも近い弘前大学大学院今田匡彦研究室に籍を置きながらサウンドスケープ論を『耳の哲学』と捉え直しました。生きるための知恵としての世界の内と外を「音と言葉」から見つめ直してきました。
 そして2014年には、この哲学の実践・考察拠点として「芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト」を立ち上げました。ここでは現在、音楽に限らず「芸術と学術」の様々な可能性を「つなぐ・ひらく・考える」をテーマにして探っています。この活動は「コネクト」の名前の通り、多くの素晴らしい芸術家、研究者たちとの出会いを生み、社会にひらく活動も生み出しています。
 同時に、一時休止していた演奏活動も、ストリングラフィの鈴木モモと共に「即興カフェ」(写真)へとつながりました。また2016年には聾者の音楽映画『LISTEN リッスン』との衝撃的な出会いがあり、現在、協働実験プロジェクト「聾/聴の境界をきく」として「音のある世界|音のない世界」を行き来しながら仲間たちと可能性を探っています。

 東日本大震災以降の展開は、自分の生活も「想定外」の連続でした。しかし7年経ったいま振り返ってみると、これはもう「運命」という言葉以外は見当らないのです。一時は二度と音楽の世界には戻らない、戻れないだろうと自分を絶望の淵に追い込んでいましたが、気が付けばまたピアノの前に座っている。「耳の哲学」が自分を救ってくれたことは確かです。そしてここまでの7年間の経験を他者と分かち合っていくことが、これからのミッションだろうと思っています。肩書はもちろん「音楽家」です。オンガクとは、私にとって「生きること」そのものだからです。
だから「音を出さない音楽家」であることも多々ありますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 
2018年4月 ササマユウコ

1)旧サイト 主に2011年3月11日以前のCD作品について  
    http://bentenrecords.jimdo.com/

2)新サイト 2011年4月以降の活動のポータルサイトです。
    http://yukosasama.jimdo.com/

上記サイト、ササマユウコの活動に関するお問合せはこちらまでお願いします。

(C)2018 Yuko Sasama

|

2018年3月29日 (木)

協働実験プロジェクト「聾/聴の境界をきく~言語・非言語対話の可能性」

20180321_6_2

 雪の降る3月21日(春分の日)。第2回境界リサーチ「舞踏・サウンドスケープ・演劇の視点から」(テーマ「手」)を実施しました。ひとりの欠席者もなく、北は弘前から南は熊本まで、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。考察レポートはまた後日、芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト等で掲載します。

当日、撮影協力に入ってくださった映画『LISTEN リッスン』の牧原依里監督からさっそく素敵な写真や動画が送られてきました。以下の専用ページよりご覧いただけます!

協働メンバー:雫境(聾・舞踏家)×ササマユウコ(聴・音楽家)×米内山陽子(CODA・劇作家、舞台手話通訳)
FB http://www.facebook.com/Deaf.Coda.Hearing/

主催:芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト
助成:アートミーツケア学会青空委員会

| | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

3.11の記憶

311_3

 まだ小さかった娘と二人、いつでも逃げられるようにマンションの寒い廊下にヨガマットを敷いて静かなインストだけが流される小さなラジオを傍らに、連絡のつかなくなった夫の帰りを待ちながら途方に暮れていた。スマホもSNSも無縁の生活だった。

 津波の映像をテレビで見たのは夫が食料を手に戻った夜になってから。ただ画面を眺めている状況がいたたまれずラジオに切り替えると、坂本九の『見上げてごらん夜の星を』が流れてきた。今でもこの曲をきくと、ベランダから眺めた新宿の夜空を思い出す。
テレビの中に映し出されていた光景は現実のものなのだろうかと、余震の中で受け止めきれずにいた。
 原発事故は2日後、食べ物をもとめて足を伸ばした夏目坂から見た銀色に光る空と、大久保通りを通り抜ける爆風のような直線的な異様な風で、報道よりも先に本能的に察知した。それからしばらくの間、夕方の空は錆びた鉄色をした不思議なかたちの雲がたくさん浮いていたし、マンションの屋上には人工的な黄色をした結晶がいくつも落ちていた。タルコフスキーの『サクリファイス』の世界に放り込まれた気分だった。
 あの日から私の人生も音楽も出会う人たちも環境も思考も大きく変わった。運命とはこういう経緯を言うのかなと、今は思う。むしろ核心に近づいたのかもしれない。人生後半の分岐点となった日。
□2011年以降のササマユウコの活動です。

・芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト  http://coconnect.jimdo.com/

・協働プロジェクト「聾/聴の境界をきく~言語・非言語対話の可能性」
◎ワークショップやレクチャー等、お気軽にメールにてお問合せください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

「即興カフェVol.3 音と言葉のある風景」より

1月20日に開催した即興カフェを、昨秋にインドTARA BOOKSから絵本を出版されたばかりのKoki Oguma (おぐまこうき)さんが素敵なイラストにしてくださいました。ありがとうございます!(ササマが幅をきかせておりますが(笑)。HADEN BOOKSさんのピアノは素敵な音がしましたよ)。

Ogumaillust

「即興カフェVol.3 音と言葉のある風景」
2018年1月20日(二十日正月開催)
音を編む人: 石川高(笙・古代歌謡)
鈴木モモ(ストリングラフィ)
ササマユウコ(アップライトピアノ)
言葉を編む人:國崎晋(Sound&Recording編集人)
場所:音と言葉のHADEN BOOKS
イラスト(C)2018 Koki Oguma
即興カフェはサウンドスケープの哲学から新しいオンガクのかたちを実験する音楽家たちのプロジェクトです。お問合せは以下専用ページよりお願いいたします(当日動画あり)
 Facebook専用ページ http://www.facebook.com/improcafe/

|

2018年2月18日 (日)

満席です【春分の日開催】第2回リサーチ活動「聾/聴の境界をきく~言語・非言語対話の可能性」

【こちらは満席です】昨年11月19日に引き続き、協働プロジェクト「聾/聴の境界をきく~言語非言語対話の可能性」の第2回リサーチ活動を開催します。

3

聾者・聴者が共に楽しめるように、手話通訳、筆談、非言語コミュニケーションを交えて進めていきます。
第2回境界リサーチ活動「カラダ┃音┃コトバ〜舞踏・サウンドスケープ・演劇の視点から」です。
 第1回「コトバ|音|カラダ~言葉のない身体WSとおしゃべり」の実施を踏まえて、今回はより大きな会場で「表現」に向き合い、特に「手」をテーマにしたワークを中心に進めてみたいと思います。
内容は、進行役それぞれの専門領域(舞踏・サウンドスケープ・演劇)を軸にした3種のワークと、その境界に生まれたひとつのワークを参加者の皆さんと一緒に実験してみます。
聾と聴、音声言語と手話、言語と非言語、カラダ|音|コトバの間に生まれる境界を身体を使って楽しく体験してみましょう。

【対象】:聾/聴の方、分野、プロ・アマ問わず表現活動に関わっている方、聴覚障害者支援を含む福祉・学校関係の方、手話勉強中の方など、どなたでもご参加頂けます。第1回に参加されていなくても参加可。

進行役:雫境|聾・movement・舞踏
    ササマユウコ|聴・soundscape・音楽
    米内山陽子|CODA・signlanguage・演劇

定員:20名程度 【定員になりしだい締切ります】
参加費:1500円 (当日清算)

2月16日午前10時から
■お申込み先:tegami.connect@gmail.com
①件名「春分WS」②お名前 ③緊急連絡先 ④簡単な応募動機
を明記の上、メールにてお送りください。
※当日は動きやすい服装、筆談用具をご持参ください。

●プロジェクト専用Facebookページ
http://www.facebook.com/Deaf.Coda.Hearing/

助成:アートミーツケア学会青空委員会
協力:牧原依里
主催・お問合せ先 芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト
http://coconnect.jimdo.com/

| | トラックバック (0)

2018年1月24日 (水)

(記録)即興カフェVol.3@HADEN BOOKS『音と言葉のある風景』笙・ストリングラフィ・ピアノ・言葉

即興カフェVol.3『音と言葉のある風景』

2018年1月20日(土・二十日正月) 実施
音を編む人:石川高|笙・古代歌謡
鈴木モモ|ストリングラフィ
ササマユウコ|アップライトピアノ
言葉を編む人:國崎晋(Sound&Recording編集人)

会場:南青山 音と言葉HADEN BOOKS
協力:浦畠晶子

「即興カフェ」はサウンドウケープの哲学から新しいオンガクのかたちを実験する音楽家たちのプロジェクトです。不定期開催中。

◎当日(2時間)のダイジェスト版(約6分)はこちらからご覧いただけます。
http://www.facebook.com/improcafe/

11_2

Photo_5

10_2

Photo_4

Photo_3

Photo_2

| | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

【満員御礼】即興カフェ3「音と言葉のある風景~What's is Music?」

Photo_2

2018年1月20日(土・二十日正月・大寒)。青山にある素敵なブックカフェHADEN BOOKSにて開催された『即興カフェVol.3 音と言葉のある風景』。当日偶然にお立ち寄り頂いた方も含め、定員を越えるお客様と共に楽しく終了いたしました。ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。
 今回は『音と言葉』をテーマに、演奏者たちがあらかじめ提出した言葉をおみくじにした「コトバ譜」を使いながら、言葉との偶然の出会いと即興セッションを試みたり、古代歌謡の歌詞を現代語に置き換えて言葉の時空を越えたり、言葉と音についての談義をしたり、さまざまな実験と対話を繰り広げながら、通常のコンサートとは一味違う「音楽の時間」をお楽しみ頂きました。(写真はリハ風景)

 言葉の枠に音を閉じ込め、あるいは言葉から解き放たれたりする中で、内側から出てくる音や共演者(他者のオト)との関係性の変化が参加者の皆さまと共に実感できたのが興味深かったです。結局最後は「音楽に言葉はいらないのでは?」という「本日の結論」で参加者一同が納得したかたちとなりましたが、言葉によって「しばられる」ことで反対に生まれるクリエイティビティも発見できたことは興味深かったです。
 「ロゴスに囚われるな」とは、哲学音楽論を展開する弘前大学今田研究室でも合言葉のように言われていましたが、2011年以降、自らの音楽の拠り所として言葉(ロゴス)を探求していくうちに、いつの間にか「根源」を忘れつつあったかもしれないと、個人的には初心に戻るような時間となりました。またアップライトピアノをひとつの「音の箱」と捉え直し、平均律を脱構築するような試みもしてみました。現代音楽のプリペアドピアノとは違いますが、鍵盤だけでなく楽器全体を「音具」とみることで、アップライトの可能性は一気に広がる気がします。アナログでどこか滑稽でもあり愛らしくもある機構の仕組みも含め、最近は近代化の工業製品と楽器の間に存在するようなアップライトピアノへの興味が尽きません。
(写真はストリングラフィの糸を括りつけたところ)。

Photo_3

坂本龍一氏の新作『Async』を始め、いまや世界的な笙奏者となった石川高さんとは、実は15年前にCD『月の栞』(ササマユウコ・坂田梁山・石川高)でご一緒しています。その後は2008年に新宿区のプラネタリウムにて、斉藤鉄平さん作の波紋音とピアノの共演なので、今回は実に10年ぶりの再会となりましたが、時の流れを感じることはありませんでした。そして今回のもうひとりのゲスト『Sound&Recording』編集人の國崎晋さんは、実は石川さんと同じ大学の哲学科ご出身。(かくいう私も同じ大学の教育学科の出身です・・)。同じ時期に狭い四ツ谷のキャンパスに通いながら一度もお目にかかったことがなく、こうして卒業後に音楽の糸で巡り合った不思議な関係なのでした。今回、空間に張り巡らされた鈴木モモさんのストリングラフィが、細くつながる時間の糸を象徴しているようでした。
Photo_4
受付をお手伝いして下さった浦畠晶子さんも音楽家・ピアニストで、こちらも実は20年来の劇場仲間です。
音楽によってつながる人の縁。それが糸のように編んでいく音の風景が、今回のいちばんのサウンドスケープだったかもしれません。会場の皆さんもとても暖かい雰囲気で、即興の緊張感はありましたが果敢なチャレンジも出来たかなと思います。ご協力頂いたHADEN BOOKS林下さまも、ありがとうございました。

◎サウンドスケープの哲学から新しいオンガクのかたちを実験する音楽家たちのプロジェクト「即興カフェ」は不定期で開催しています。
次回告知はFBの専用ページ をフォローしてくださいね。http://www.facebook.com/improcafe/

| | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

【1月20日開催】即興カフェVol.3『音と言葉のある風景』

Photo_4

即興カフェVol.3
「音と言葉のある風景~夢を見たのです」開催

1月20日(土)15時~17時
HADEN BOOKS@南青山www.hadenbooks.com

【音を編む人】
石川高(笙・古代歌謡)
鈴木モモ(ストリングラフィ)
ササマユウコ(アップライトピアノ)

【言葉を編む人】
國崎晋(Sound&Recording編集人)

「即興カフェ」は2015年1月に開催した「音楽×やさしい哲学カフェ」(ゲスト:弘前大学今田匡彦教授 @日本橋DALIA食堂)を前身に、「サウンドスケープの哲学から新しいオンガクのかたちを実験する音楽家のプロジェクト」です。今回はその第5回にあたり、「音と言葉」の不思議な関係を実際に「演奏する身体=音」を通して考えたいと思います。
 音(非言語)でのコミュニケーションを軸とする音楽家にとって、そもそもコトバの存在とは何でしょう?「歌」にとって、コトバの「音」と「意味」はどちらが大切なのでしょう?音楽や音をコトバに変えることと、コトバを音や音楽に変えることの違い。コトバの「何が」音楽に、音楽の「何が」言葉に変っていくのでしょう?そもそも「音楽」とは何でしょうか?
 いつものように結論はきっと出ないと思いますが、音楽家たちの即興演奏や試行錯誤、あらたな発見、おしゃべりにおつきあい頂きながら、いつもと少し違う「オンガクの時間」をお届けできれば幸いです(ササマユウコ)。

Vol.3は坂本龍一氏の最新作『async』でも注目される笙・古代歌謡の石川高、『Sound&Recording編集人』の國崎晋さんを特別ゲストに迎えます。店内には鈴木モモがストリングラフィの糸を張り、アップライトピアノは機構を剥き出しに、言葉は「コトバ譜」に、目でも楽しめる音風景を編んでいきます。新春らしく、深淵で広がりのある音と言葉のある時間をお気軽にお楽しみください。

【現在ご予約受付中です】 メール improcafe.yoyaku@gmail.com
詳細は⇒http://www.facebook.com/improcafe/

♪♪♪

| | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

「LISTEN リッスン」上映会+哲学カフェ@上智大学グローバル・コンサーン研究所

去る11月24日に芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト(代表ササマユウコ)がご協力させて頂いた『LISTEN リッスン』上映会+哲学カフェが上智大学グローバル・コンサーン研究所主催で開催されました(進行役:寺田俊郎(上智大学哲学科教員)。

映画鑑賞の後は筆談・手話・発話と3種4グループに分かれ、グループそれぞれのコミュニケ―ション方法が生み出す違った雰囲気の中、熱心な対話が繰り広げられました。最後には協働監督の牧原依里さん、雫境さんも登壇し、作品についての質疑応答時間も設けられました。手話通訳は現在協働プロジェクトをご一緒している劇作家でCODAの米内山陽子さんです。彼女の存在が場をつなぐ大きな役割を果たしていました。ここでの体験も協働プロジェクト『聾/聴の境界をきく~言語・非言語対話の可能性」に活かしていきたいと思います。

Photo_2

Photo

| | トラックバック (0)

«協働プロジェクト「聾/聴の境界をきく~言語・非言語対話の可能性」第1回リサーチ「コトバ|音|カラダ」を開催しました。